真田ガラス 新着情報&コラム | 静岡市清水区の「真田ガラス店」ガラス修理、サッシ取替・取付

tel:0120-675-089

FAX  054-367-1389

お問い合わせ

新着情報&コラム

セキュリティ面を考えてカギを変えてみては?
セキュリティ面を考えてカギを変えてみては?

女性1人で暮らしてらっしゃったり、小さい子供がいらっしゃる家族の場合、セキュリティって重要ですよね。今回は、カギの変更によるセキュリティについて、案内していきます。

カギにはさまざまな種類があります。現在ではカード式のカギなども出てきましたが、一般的なカギはシリンダー錠という種類のものです。シリンダー錠は外筒の中に内筒が入っており、カギを差し込み内筒を回転させることで、開閉します。また、カギのくぼみと外筒と内筒を貫く障害(タンブラー)が一致しないと開閉ができないような仕組みになっています。

シリンダー錠の中にも複数種類があり、現在、日本の主流はディスクシリンダー錠(ウェーハータンブラー錠)が多いです。ディスクシリンダー錠はタンブラーの方が穴の空いた皿のようになっています。防犯性が非常に低いタイプのカギです。

続いて、ピンタンブラー錠も防犯性が低いタイプです。ディスクシリンダー錠と同様に戸建てやマンションでもよく見かけるカギの種類で、一列に並んだタンブラーの形がピン状になっており、鍵の刻みが一方向にしかないのが特徴です。

最後に紹介するのはディンプルシリンダー錠です。ピンの方向が複数にあり、本数も多くあるため、他の種類より防犯性に優れています。また、鍵の表面にデコボコとしたくぼみがあるのが特徴です。

弊社では防犯性を考慮し、ディンプルシリンダー錠などにカギを変更する対応を行なっています。

ディスクシリンダー錠やピンタンブラー錠を使っており、セキュリティに不安をお持ちの方は是非、お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

カギの交換は必要?
カギの交換は必要?

カギは、同じものをずっと使い続けることができれば、それが一番ですが、カギの交換がどうしても必要な場合もあります。

カギの交換が必要となるケースで多いのは、

・不注意からカギを失くしてしまった
・カギの施錠や開錠ができなくなってしまった
・賃貸住宅でカギのトラブルが起こってしまった

などが多く、今までのようにカギが使えない状態になってしまったり、防犯(セキュリティ)上、同じカギを使い続けるのが危険だなと判断せざる得なくなってしまった場合には、カギの交換が必要です。

最近多い、ディンプルキーは、セキュリティ面で安全性が高いので安心して使用することのできるカギである一方で、カギを新しく作り直す場合や、スペアキーを作る場合は、高額となっているので覚えておくといざという時に驚くこともないと思います。

ディンプルキーは、クリーナーなどを使用して定期的にメンテナンスしておくと、破損するようなこともなく長く使うことができると思いますが、カギの寿命は、5年~10年ほどと言われているので、そのくらいの時期には交換するかもしれないと思っておくとよいでしょう。

もちろん、5年過ぎても、10年過ぎても丁寧にカギを扱っていれば、交換する必要はありませんので、カギや鍵穴に負担がかからないような取り扱いを日頃から心がけておくと安心ですね。

お問い合わせはこちらから

カギのトラブルで多いことは?
カギのトラブルで多いことは?

カギに関するトラブルで多いのは、カギを鍵穴に入れて開けようと思ったら、カギが回らなくてドアを開けることができない。という人や、カギそのものが曲がったり、折れたりして使えなくなってしまったという、カギ本体や鍵穴のトラブルがあります。

まず、カギが回らないというトラブルは、鍵穴に溜まってしまった「汚れ」が原因となっていることが最も多く、知らない間に溜まってしまったホコリやゴミを取り除いたり、毎日何気なく触っているカギに、手の脂が付着した状態のまま何度も何度もカギを使用することで、油汚れになって定着することもあります。

このような場合は、鍵穴のほこりやゴミをキレイに取り除き、油汚れとなっている部分をキレイに拭き取ることで、カギを取り替えなくてもカギが回らないというトラブルを解消させることが可能です。

また、カギが曲がってしまったり、折れてしまうというトラブルの原因の多くは、お尻のポケットの中に入れたまま座ることでカギが曲がってしまったというもので、カギの持ち歩き方さえ気をつけていれば回避することができるので注意するようにしましょう。

カギの歪みなどの劣化によって、鍵穴に挿して回した瞬間にカギが折れてしまったという場合は、自分で何とかしようとせずに専門業者を呼ぶ方が確実なので、無理せずに専門業者を頼るようにしましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから